抗酸化作用、血行促進、コレステロール、生理機能維持に

その働きと主な作用


ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」といわれ、身体の酸化を抑える抗酸化作用があります。

その他、血行をよくしたり、美肌効果、成人病を予防する働きも知られています。

抗酸化作用

ビタミンEは、体内で作られた活性酸素を中和して、老化の原因を取り除く働きをしています。

 

私達は、酸素を身体に取り入れ、栄養素をエネルギーに変えて、生命を維持しています。

 

このとき、同時に体内で作られるのが活性酸素です。

 

この活性酸素というのは、体内の細胞を傷つけてしまう、とてもやっかいな物質です。

 

身体の細胞を保護している細胞膜には、ビタミンEや不飽和脂肪酸という物質が含まれています。

 

この不飽和脂肪酸は、活性酸素で酸化されると、過酸化脂質という物質に変化し、これが細胞の寿命を縮めたり、異常な細胞を作ります。

 

しかし、細胞膜に十分なビタミンEがあると、活性酸素を退治してしまうので、健康な細胞を維持できるのです。

 

これが、ビタミンE=若返りのビタミンといわれる理由です。

血行促進・生理機能を維持する

ビタミンEは、身体中に含まれているので、血液の中も同じように、酸化が抑えられます。

 

このため、血管の内壁が健康に保たれるので、血行がよくなり動脈硬化を予防し、脳卒中、心臓病、高血圧などのリスクも少なくなります。

 

またビタミンEは、性ホルモンの生成を助け、生殖機能を守る働きがあります。

 

更年期になると、性のホルモンバランスが崩れることがありますが、ビタミンEはこれを改善する働きもあります。

美肌を守る

肌に、しみやくすみができる原因の1つに、活性酸素による肌細胞の酸化があります。

 

ビタミンEを十分に摂っていれば、皮膚の酸化が抑えられ、結果的にしみやくすみが少なくなります。

 

特に女性の場合、肌の美しさが気になるところですから、

 

ビタミンEとともに、抗酸化作用がある、ビタミンCやβカロテン(ビタミンA)、ビタミンB2などを、多く摂ると美肌効果が高くなります。

 

血圧やコレステロールを正常にする

生活習慣病を予防する。

 

生活習慣病の場合も、細胞が酸化されることで、発病するリスクが高くなります。

 

生活習慣病には、心臓病、脳卒中、糖尿病、動脈硬化など様々ありますが、ビタミンEの働き・作用によって、細胞の酸化を防ぐことができます。

 

なお、生活習慣病の予防効果を高めるには、ビタミンEの1日あたりの目安量(7〜9mg)を超える、100〜300mgほどの摂取量が、必要とされています。

 

ちなみに、成人のビタミンEの1日あたりの上限量は、男性で700〜800mg、女性で600〜700mgです。