しっかり採って若返り

ビタミンEの上手な摂取方法

 

ビタミンA・Cなどと同時に摂取し、

 

抗酸化作用や効果を高めることをお勧めします。

 

薬理作用にはサプリなどを

1日の必要量の3倍〜100倍というビタミンを摂取し続けると、生理作用にとどまらない効果を体に及ぼすことがあります。これをビタミンの「薬理作用」と呼んでいます。

 

通常の食生活で、ビタミンの1日の必要量を補っている間は、期待できるのは生理作用だけです。

 

ビタミンの「薬理作用」を期待したい場合はサプリメントを積極的に利用しなければなりません。

ビタミンEの標準的な摂取量とは?

厚生労働省が定めた1日のビタミンEの標準的な摂取量は成人男子で7mg、成人女子6.5mgです。

 

ビタミンEは欠乏症になることはないと言われていますが、ビタミンEが不足していると老化が進み、全体の身体機能が低下することとなり、健康維持のためにには積極的に摂ることをお勧めします。
*『日本人の食事摂取基準(2010 年版)』より

 

ちなみに、厚生労働省が定めた1日のビタミンE摂取量は最低量の数値で、もし、あなたがビタミンEの効果を期待するなら少なくとも1日100〜300mgの量が必要となります。

サプリメントでビタミンEを摂取する場合。

食べ物等から摂取するのが理想ですが、好みなどがありむずかしい場合もあると思います。

 

積極的に摂取したい方は、サプリメントで補うのも選択肢の一つです。

 

その場合は、ビタミンEの特徴である抗酸化作用を最大限に引き出し、活用する意味でも、他の抗酸化物質と同時に摂ることをお勧めします。

 

具体的には
マルチビタミン&ミネラルなどでビタミンA・C等と同時に摂ることをお勧めします。